キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 日本と結婚指輪 : イチオシ結婚指輪リサーチ

日本と結婚指輪

イチオシ結婚指輪リサーチ

日本での結婚指輪の歴史は最近で、明治時代の文明が開花した頃。第二次世界大戦後、
日本人の生活が欧米化していくに連れて徐々に結婚指輪を贈る習慣が定着したそうです。

新着おすすめ記事

日本と結婚指輪

海外では圧倒的な年数を誇る結婚指輪ですが、日本にこの習慣が伝わったのは比較的最近です。

明治時代の文明が開花した時に一部の人が付け始めたようですが、最初のうちはあまり定着せずに、第二次世界大戦が終わって、日本人の生活が欧米化していくに連れて徐々に結婚指輪を贈る習慣が定着していったそうです。

古くから日本になじまなかった理由として、日本はキリスト教国ではなく、仏教が主流なので結婚式を教会で執り行うことがなかったからだと考えられています。

それで、1960年以降に生活が西洋の様式になってからは、宗教の枠組みを超えて、キリスト教の結婚式にとどまらず、人前式や神前式の結婚式でも、新郎と新婦が結婚指輪を交換するのが一般的になりました。

結婚指輪は花婿と花嫁が交換して終わるのではなく、結婚後も着けている必要があります。

それは、結婚指輪を着けていることは、周りの人に自分は結婚していることを知らせるための方法でもあり、花婿と花嫁の愛の証しとして指輪を着けている人もいれば、周りに配慮して着ける人もいます。

このように、毎日指輪を着けているので、以前は鉄のみで作られていた結婚指輪も、日常生活で負担にならずに、尚且つ変質しにくい素材に目が留まるようになり、最近ではプラチナやゴールドでできた指輪が人気があるようです。

さらに、近年では無料のオプションとして、指輪の中側に結婚式の日付や二人の名前を刻むことができたり、自分の誕生石と付け合わせることもできるようです。

◎参考リンク→誕生石の素敵な習慣 [パワーストーン] All About