婚約指輪と結婚指輪

イチオシ結婚指輪リサーチ

婚約指輪は結婚を打診した時に男性から女性へとプレゼントされる指輪で、結婚指輪は
結婚式の時に新郎と新婦が誓の証しとして交換する指輪です。

新着おすすめ記事

婚約指輪と結婚指輪

結婚を考えている友人の話では婚約指輪は既に彼女にプレゼントしたそうです。

私には、婚約指輪と結婚指輪の違いがあまりよく分からなかったので違いを調べていると、婚約指輪は結婚を打診した時に男性から女性へとプレゼントされる指輪だそうです。

しかし、結婚指輪は結婚式の時に新郎と新婦が誓の証しとして交換する指輪で、二本の指輪には大きな違いがあるようです。

婚約指輪は結婚への意思表示をする重要な指輪なので、ダイヤモンドを取り付けて一生の思い出として残るように豪華なものをプレゼントするのが一般的なようです。

しかし、結婚してから毎日着けるのは結婚指輪なので、婚約指輪は記念としてプレゼントされてもタンスの中で眠ったままという人も多いようです。

以前にプレゼントされた豪華な婚約指輪が無駄にならないように、セットリングという形式もあり、婚約指輪と結婚指輪を重ねて身に着けることができるようなデザインになっているようです。

結婚指輪を毎日一本だけ着けるのも風情がありますが、二本を重ねて着けていると大きなボリュームが出るのでいつもとは違った雰囲気を生み出します。

これら二本の指輪は、重ねて着けた時に独特のデザインになるので本来別々の二本の指輪が一つの指輪に見えるそうです。

そのため指輪を作る職人たちは、二つの指輪の一周すべてがぴったりと重なるように1mmの隙間もないセットリングを作るために日夜デザインの研究を重ねています。