結婚指輪の意味

イチオシ結婚指輪リサーチ

結婚指輪の円の形は終わりがなくずっと続く永遠を意味しており、その指輪を神様の前で
交換したことは、花婿と花嫁が永遠に続く愛情を約束したことを意味します。

新着おすすめ記事

結婚指輪の意味

私の友人で結婚を考えている男性がいますが、最近彼はずっと結婚指輪のカタログを見つめています。

多くの人にとって結婚指輪は一生に一度のプレゼントになるので、買う前にはよく考えなければなりません。

しかし、結婚指輪にはどんな由縁があり、指輪を渡すことにはどんな意味が込められているのでしょうか?

結婚指輪はマリッジリングとも言われていますが、調べてみると始まりは紀元前のヨーロッパだそうです。

指輪ができたばかりの頃は、鉄でできていたようですが、時代が変わるにつれて金やプラチナでも作られるようになりました。

また、最初は指輪の形も簡単なものでしたが、今のような形状になったのは1554年にイギリスのメアリー女王とスペインのフェリペ2世が結婚した時にはめた結婚指輪が元になっているそうです。

◆今では色々なデザインの結婚指輪があります…>結婚指輪ランキング~人気ブランド2015~

結婚式の時に指輪を交換して、左手の薬指にはめる習慣は、教会で結婚式を行うようになった11世紀くらいから始まったようです。

しかし、記録によると16世紀末のイギリスでは右手の薬指にはめていたりして、正確な始まりはよく分からないようです。

教会で執り行なう結婚式では、まず司祭から指輪が花婿に与えられ花嫁に渡され、続いて花嫁から花婿へと交換されます。

この動作には意味があり、何でも指輪の円の形は、終わりがなくずっと続く永遠を意味しているらしく、その指輪を神様の前で交換したことは、花婿と花嫁が永遠に続く愛情を二人で約束したことを意味するそうです。